キャッシングのご利用は計画的に!【無理のない返済方法を選択】

借入総額と件数が影響する

カード

少しでも減らす努力を

カードローンの借り換えをするためには審査を受けることになるのですが、この時に気をつけることは何があるのでしょうか。審査では様々なことをチェックされることから、一概にどことは言い切れないのですが、ポイントとなることが借入総額と借入件数です。年収に対して借入総額が多いとまず審査通過は難しいでしょう。特に消費者金融のような貸金業者で借り換えをする場合には借入総額が重要です。貸金業者では年収の3分の1までしか融資ができない総量規制があります。この総量規制によって年収の3分の1近くまで借入をしている人は、それだけで審査落ちとなることもあります。カードローンの借り換えでは借入件数も重要なポイントになります。借入件数が5件以上あれば、どこのカードローンでもまず審査には通らないでしょう。4件ではでもかなり難しく、3件なら審査通過の可能性があります。借入総額が年収の3分の1近くある、借入件数が4件以上といった場合にはどうしたらいいのでしょうか。借入総額が多いい人は少しでも借入金を減らしていく必要がありますし、借入件数が多い人は1社でも完済をしましょう。この借金を減らす、借入件数を減らすことは大きなメリットがあります。カードローンの借り換えでは必ず信用情報を確認します。金融機関が信用情報を確認し、借金総額や借入件数が減っていることが分かれば、優良顧客と判断してもらえる可能性があります。優良顧客とは、多くお金を借りてくれ、確実に借金を返済できる人です。この判断をしてもらえれば審査通過の可能性も高まり、お得な借り換えもできるでしょう。

Copyright© 2017 キャッシングのご利用は計画的に!【無理のない返済方法を選択】 All Rights Reserved.